【横浜町の鳥インフル】「対策に限界」風評も懸念 県南の同業者に危機感

鳥インフルエンザの確認を受け設置された消毒ポイントでは、関係者が車両を入念に消毒していた=20日、横浜町
鳥インフルエンザの確認を受け設置された消毒ポイントでは、関係者が車両を入念に消毒していた=20日、横浜町
横浜町の養鶏場で、20日に高病原性鳥インフルエンザが確認された。特に秋から春にかけて警戒が必要とされる鳥インフル。町内では、4月に2件の事案が発生。夏秋を経て全国的に感染例が散見され、青森県内の関係者が警戒を強める中、再び同じ養鶏場が現場と.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録