公開情報でもスパイ罪成立 逮捕前、7カ月「監禁」/中国の邦人拘束

 鈴木英司氏が拘束、拘置された北京市内の場所
 鈴木英司氏が拘束、拘置された北京市内の場所
中国でスパイ罪に問われ6年の刑期を終えた日中青年交流協会の鈴木英司元理事長が取材に応じ、拘束の実態を明らかにした。中国国外での公開情報をやりとりしただけでスパイ罪に問われたと主張。逮捕前に7カ月も監禁されたとし、人権無視だと訴えた。 ▽敏感.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録