出産へ希望、治療前向き 小児がん患者の選択肢に/卵巣凍結保存

 凍結保存していた卵巣組織を移植する手術の様子(聖マリアンナ医大・鈴木直主任教授提供)
 凍結保存していた卵巣組織を移植する手術の様子(聖マリアンナ医大・鈴木直主任教授提供)
がんと診断された後に卵巣を凍結し、治療後に再び体内に戻す手法を使って女性3人が出産した。このうちの1人は「希望を持って前向きにがんの治療に取り組めた」と話す。この手法は月経が始まっていない子どものがん患者にとって特に重要な選択肢になると考え.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録