刑務所製品売り上げ大幅減 コロナ禍で即売会開けず

 刑務所作業製品(CAPIC製品)の売上高
 刑務所作業製品(CAPIC製品)の売上高
新型コロナウイルス禍で2020年度と21年度、受刑者らが作る「刑務所作業製品」の売上高が以前の水準の約4~5割に減ったことが19日、分かった。主要な販路だった矯正展や即売会の多くが中止となったためだ。作業は受刑者の円滑な社会復帰に向けた重要.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録