深鉢形土器など国重文に 櫛引遺跡(八戸)から出土の83点

櫛引遺跡から出土した深鉢形土器や土器片、石器(八戸市教委提供)
櫛引遺跡から出土した深鉢形土器や土器片、石器(八戸市教委提供)
国の文化審議会は18日、八戸市の櫛引遺跡から出土した「深鉢形土器」など83点を重要文化財(考古資料)に登録するよう、永岡桂子文部科学相に答申した。官報への告示を経て正式に登録される。出土品は縄文時代草創期後半(約1万1千年前)のもの。復元さ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録