【貨物船座礁】機関室撤去計画、白紙に クレーン船、別の現場へ 

機関室部分の撤去作業に着手できないまま八戸港を離れることになったクレーン船「海翔」=18日、同港
機関室部分の撤去作業に着手できないまま八戸港を離れることになったクレーン船「海翔」=18日、同港
昨年8月に八戸港沖で発生したパナマ船籍の貨物船座礁事故で、海底に沈んだ船尾部の機関室部分の撤去作業は18日も気象状況などにより、実施されなかった。関係者によると、作業を担うはずだったクレーン船「海翔」は別の現場に向かうため、今月中に八戸港を.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録