木のパズル、脳トレに役立てて 福岡工高生、社協などに寄贈/二戸

福岡工業高の生徒から完成したパズルを受け取る髙橋美佐子事務局長(右から2人目)ら
福岡工業高の生徒から完成したパズルを受け取る髙橋美佐子事務局長(右から2人目)ら
岩手県立福岡工業高(今野雅之校長)の機械システム科の3年生4人が、本年度の課題研究で木製パズル「ハノイの塔」を製作した。授業で習得した技術を生かし、旋盤などを使って11セットを仕上げた。地域の高齢者らの脳トレーニングに役立ててもらいたいと、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録