野辺地主会場に県原子力防災訓練 避難退域時検査、本格実施 スピード感課題に

放射性物質が検出されやすい車両のタイヤやワイパーを測定する事業者の社員ら=17日、野辺地町
放射性物質が検出されやすい車両のタイヤやワイパーを測定する事業者の社員ら=17日、野辺地町
青森県は17日、東北電力東通原発(東通村)での重大事故発生に備えた県原子力防災訓練を周辺5市町村で実施した。初の主会場となった野辺地町では、住民が自家用車で避難する際の「避難退域時検査」を本格実践。実際の事故では避難経路の渋滞も予想される中.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録