Free朝のニュースダイジェスト(11月18日)

【ボージョレヌーボー解禁】
 フランス産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」の販売が17日午前0時、解禁された。八戸グランドホテルでは同日午後6時半からイベントが開かれ、集まった市民ら約200人が新酒の香りと味を堪能した。

 【魚を自動選別】
 ソフトウエアの開発などを手がける東杜シーテック(仙台市)は17日、八戸港で「全数魚種選別システム」の実証試験を始めた。定置網漁などで水揚げした魚をAIで判別し、魚種やサイズに応じて振り分ける。

 【赤酢しめさば最高賞】
 八戸市の水産加工会社「ヤマヨ」(藤田和弘社長)の商品「赤酢しめさば」が、第33回全国水産加工品総合品質審査会で、最高位の農林水産大臣賞に選ばれた。

 【無人航空機を報道陣に公開】
 海上保安庁は17日、海洋監視の強化に向け、海上自衛隊八戸航空基地で運用している大型無人航空機「シーガーディアン」(MQ―9B)について、10月の運用開始後、初めて報道陣に公開した。

 【東通原発の事故想定し訓練】
 青森県は17日、東北電力東通原発(東通村)での重大事故発生に備えた県原子力防災訓練を周辺5市町村で実施した。初の主会場となった野辺地町では、住民が自家用車で避難する際の「避難退域時検査」を本格実践。

お気に入り登録