シーガーディアン公開、コックピットも 海自八戸で運用、大型無人航空機

滑走路を離陸する海上保安庁のシーガーディアン=17日午後3時ごろ、八戸市の海上自衛隊八戸航空基地
海上保安庁は17日、海洋監視の強化に向け、海上自衛隊八戸航空基地で運用している大型無人航空機「シーガーディアン」(MQ―9B)について、10月の運用開始後、初めて報道陣に公開した。 無人機は米ジェネラル・アトミクス社製で全長11・7メートル.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録