財源減少「看過できぬ」 新基準、地域に悪影響も/外形標準課税見直し

 外形標準課税の対象企業数と全企業に占める割合
 外形標準課税の対象企業数と全企業に占める割合
総務省が外形標準課税の見直しに乗り出す。現行制度は資本金の操作による課税逃れが可能で、将来の財源減少を懸念する都道府県側が「看過できない」と改善を求めていた。今後の焦点は、課税対象を広げるための新基準の内容。企業負担が過度に重くなれば地域経.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録