きみがらスリッパ模様でピッチへ サッカーW杯代表、柴崎選手 スパイクのデザインに

世界の舞台で伝統文化を発信する柴崎岳選手(デサントジャパン提供)
サッカー日本代表の柴崎岳選手(30)=野辺地町出身、レガネス=が、20日に開幕するサッカーワールドカップ(W杯)カタール大会で、十和田市の伝統工芸品「きみがらスリッパ」の模様をあしらったスパイクでピッチに立つ。世界の舞台で伝統文化を発信。柴.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録