Free「スケート楽しんで」 高木菜那さん、八戸で小中学生指導

子どもたちを指導する髙木菜那さん(左)
子どもたちを指導する髙木菜那さん(左)

八戸市は13日、YSアリーナ八戸でスピードスケート教室を開いた。2018年平昌冬季五輪で2個の金メダルを獲得し、今年4月に現役を引退した高木菜那さん(30)が特別講師として来場。参加した小中学生は憧れの選手からの指導に目を輝かせ、アドバイスに真剣に耳を傾けた。

 2015年度から実施している「氷都八戸パワーアッププロジェクト」の一環。同市などから小中学生約150人が参加した。

 小学生はレベルごとに六つのグループに分かれ、脚への体重の乗せ方などのアドバイスを受けた。中学生はより実践的な内容で、高木さんは「本番のレースを想定した練習を積むことが重要」「骨盤を丸めるイメージで滑ってみて」などと指導した。

 本年度からスケートを始めたという市立柏崎小1年の佐々木統真君(7)は「教え方がとても上手で、高木選手に言われた通りにやるとうまく滑れた」と笑顔を浮かべた。

 高木さんは終了後の取材に「八戸には良いリンクがあるので、大人も含めて皆さんでスケートを楽しんでほしい」と話した。

お気に入り登録