漆文化で交流人口拡大を 「奥南部漆物語」日本遺産認定記念シンポ/二戸

真板昭夫さん(右端)の進行で活発に意見を交わしたパネル討論
岩手県の二戸、八幡平両市の漆文化に関する日本遺産「奥南部漆物語」の推進協議会(会長・藤原淳二戸市長)は13日、二戸市浄法寺文化交流センターでシンポジウム「よみがえる漆文化」を開いた。両市を中心に約300人が来場。講演やパネル討論を通じ、安比.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録