ファスト映画、賠償いくら 請求は5億円、17日初の判決

 ファスト映画訴訟の主な対象作品
 ファスト映画訴訟の主な対象作品
映画を10分ほどに短くまとめた「ファスト映画」を動画投稿サイトで無断公開した20代の男女2人に対し、東宝や松竹、東映など映像大手13社が約5億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が17日に東京地裁で言い渡される。ファスト映画の賠償額に関する初の司.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録