自衛隊と海保、有事連携へ 防衛相指揮下の手順策定

 合同訓練する宮古島海上保安部の巡視船みやこ(手前)と海上自衛隊の護衛艦=6月、東京・伊豆大島東方海域(海上保安庁提供)
 合同訓練する宮古島海上保安部の巡視船みやこ(手前)と海上自衛隊の護衛艦=6月、東京・伊豆大島東方海域(海上保安庁提供)
政府は、日本が直接攻撃を受ける「武力攻撃事態」などの有事の際に防衛相が海上保安庁を指揮命令下に置く手順を定めた「統制要領」を新たに策定する方針を固めた。中国の海洋進出による沖縄県・尖閣諸島防衛を念頭に、自衛隊と海保の連携を強化するのが狙い。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録