人選偏り、目立つ推進論 「アリバイ作り」批判も/原子力政策

原発に関する最近の経産省会合
岸田文雄首相の指示を受け、経済産業省の審議会で、原発の運転期間延長や次世代型原発の開発に向けた検討が続く。会合は「開かれた」形式を取るものの、委員の構成が原発推進派に偏っており、東京電力福島第1原発事故後、不信感を拭えない一般的な感覚とは、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録