検察側が懲役9年求刑 青森市の児童わいせつ事件

青森市内の障害児支援施設で児童にわいせつな行為をしたとして、強制性交と強制わいせつの罪に問われた同市八重田2丁目、無職の男(44)の論告求刑公判が15日、青森地裁(寺尾亮裁判長)であった。検察側は懲役9年を求刑、弁護側は懲役8年以下を求めて.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録