救急搬送4万4千人 前年比2400人増 高齢化で需要増/青森県内21年

青森県が15日までにまとめた「救急搬送における医療機関の受入状況等実態調査」によると、2021年に救急搬送をしたのは4万4422人で、前年から2408人増加した。県は「高齢化の進展で救急需要の増加傾向がうかがえる」と分析している。一方、首都.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録