法相更迭、国会延長の見方 教団救済法に影響、日程は窮屈

 想定される今後の主な政治日程
 想定される今後の主な政治日程
国会は会期末の12月10日まで残り1カ月を切った。死刑を巡る失言で葉梨康弘前法相が更迭され、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の被害者救済新法策定が大詰めを迎える。審議日程は窮屈になっており、政府、与党内には会期延長の見方も出ている。岸田文.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録