津波避難計画を一部改定 八戸市、避難場所など見直し

八戸市は14日、津波避難計画を改定したと発表した。日本海溝・千島海溝沿いの巨大地震を加えた青森県の新たな津波浸水想定で、約1・4倍に拡大した浸水域を反映。沿岸部や河川流域を中心に避難場所や経路などを見直した。 改定は2014年度以来。津波到.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録