「サバ、イワシどこに」 高騰するコストもズシリ/不漁続く八戸港

北海道東沖から搬入されたマイワシ。今季は極端に水揚げが少なくなっている=10月下旬、八戸港
北海道東沖から搬入されたマイワシ。今季は極端に水揚げが少なくなっている=10月下旬、八戸港
近年、不漁に苦しむ八戸港で、今季も漁獲量の減少が顕著だ。直近の10月は数量、金額ともに過去10年間で最低。特に大中型巻き網船によるサバやイワシの水揚げが極端に少なかった。水産関係者は「こんな年は経験したことがない」「盛漁期はいつになるのか」.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録