久慈・長泉寺の大イチョウ、黄色に染まる

鮮やかな黄色に染まった長泉寺の大公孫樹
鮮やかな黄色に染まった長泉寺の大公孫樹
久慈市門前の長泉寺(藤原耕道〈こうどう〉住職)で、国の天然記念物に指定されている「長泉寺の大公孫樹(おおいちょう)」が黄色に染まり、訪れた市民に季節の移ろいを伝えている。 境内の大イチョウは久慈市のシンボルとして市民に親しまれている。14日.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録