下北道「20年経っても半分だ」 早期完成へシンポ、むつで3年ぶり

下北半島縦貫道路早期完成を願い、スコップ三味線で「弥三郎節」の替え歌を披露する下北未来塾のメンバー
下北半島縦貫道路早期完成を願い、スコップ三味線で「弥三郎節」の替え歌を披露する下北未来塾のメンバー
シンポジウム「下北からのメッセージ2022」が12日、むつ市の下北文化会館で開かれ、参加者118人が講演などを通じて下北半島縦貫道路の重要性を認識し、早期全線開通へ期待を新たにした。 シンポジウムは同縦貫道の早期完成へ要望活動を続ける同市の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録