国が進めるSTEAM教育 八戸高専、小中学生向け取り組みスタート

コバルトを紙に塗って、水で色が変化する様子を確認する中学生(左から2人目)=10月、八戸高専
コバルトを紙に塗って、水で色が変化する様子を確認する中学生(左から2人目)=10月、八戸高専
科学や数学、芸術など各教科での学びを総合的に活用し、実社会の課題解決に生かす「STEAM(スティーム)教育」。子どもたちの探究心を養う分野横断型の教育法として注目を集め、中学生以降で進む理数離れへの対応策としても期待されている。国は各地の国.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録