時評(11月13日)

文部科学省が全国の国公私立学校を対象に実施した問題行動・不登校調査で、2021年度に30日以上欠席した小中学生が過去最多の24万4940人に上り、20年度に比べ24・9%の大幅増となった。 北奥羽地方も全国と傾向は同様だ。小中学校の不登校は.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録