危機下で原発活用鮮明に リスクに懸念、続く難路/日本の脱炭素

 日本の脱炭素政策
 日本の脱炭素政策
日本はウクライナ危機などを背景に、2050年の脱炭素化に向け原発の積極活用を鮮明にしつつある。岸田政権は原発の運転期間延長に加え、次世代型原子炉の建設の検討を急ぐ。ただ原発リスクへの懸念は根強く、思惑通りに進むかどうかは見通せない。二酸化炭.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録