【熊谷八戸市長就任1年】政治姿勢、自民色消えずも野党に配慮 中立的な立ち位置探る

自身の政治資金パーティーでステージに座る熊谷雄一市長(右)。大島理森前衆院議長(左)があいさつするなど自民党色がにじむ=10月20日、八戸市
自身の政治資金パーティーでステージに座る熊谷雄一市長(右)。大島理森前衆院議長(左)があいさつするなど自民党色がにじむ=10月20日、八戸市
自民党青森県議から八戸市長に転身した熊谷雄一氏は、自民の全面支援で市政運営に当たる。市長就任後も党籍を有し、党の会合には来賓として出席。自身の政治資金パーティーにも、師と仰ぐ大島理森前衆院議長や自民の国会議員を招くなど、今も政党色は消えない.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録