東通・尻屋崎沖で漁船が航行不能 けが人や油の流出なし

八戸海上保安部によると、11日午前11時20分ごろ、東通村の尻屋崎沖で操業中だった嶋脇漁業(八戸市)の沖合底引き網漁船「第62新生丸」(144トン、13人乗り組み)が、プロペラに漁網が絡まり航行不能になったと同社から通報があった。 付近で操.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録