農福連携へ「センキュウ」栽培 県内初、漢方薬の原料/八戸

青森県内初の本格栽培となるセンキュウの種芋=10日、八戸市
青森県内初の本格栽培となるセンキュウの種芋=10日、八戸市
八戸市で障害者福祉と農業を手がける「シュタインズ」(田中洋充代表)は10日、同市市川町の畑で薬用作物「センキュウ」の栽培を始めた。収穫後は医薬品製造販売大手ツムラ(東京)の関連会社が全量を引き受ける。市によると、センキュウの本格的な作付けは.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録