ガマズミ、未来に残すには 産学官で課題解決模索/三戸

ガマズミの収穫作業に励む中平幸孝さん(右)ら。地道な作業が続いた=2日、三戸町
ガマズミの収穫作業に励む中平幸孝さん(右)ら。地道な作業が続いた=2日、三戸町
三戸地域の特産果樹で、「ジョミ」の名称で知られるガマズミが、岐路を迎えている。本格的な生産が始まってから約30年、最盛期に約50戸を数えた地域の農家は10戸ほどに減少。ジュースなど関連商品も売り出されてきたが、生産量の維持、拡大が課題として.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録