演劇で震災伝えたい 久慈市民おらほーる劇場、3年ぶり復活へ

本番に向けて「水族館円舞曲」の稽古に励む出演者
新型コロナウイルスの影響で、2年間中止していた市民劇「久慈市民おらほーる劇場」が19、20の2日間、3年ぶりに復活する。14回目となる公演は、東日本大震災で被災した久慈地下水族科学館もぐらんぴあを題材にした「水族館シリーズ」の第3弾を演じる.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録