牛144頭健やかに成育 三沢市営牧場、本年度の開放期間終了

運搬用のトラックに乗り込む牛
運搬用のトラックに乗り込む牛
三沢市営牧場が10月31日、本年度の開放期間を終えて閉牧した。牧場の指定管理者「サウザンドリーフ」(同市)の職員や生産者らが、健やかに育った牛を次々とトラックに積み込んだ。 本年度は同市の根井、仏沼両地区にある約110ヘクタールの牧場に、乳.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録