日米友好キャラ制作で交流 三沢市内と米軍基地内の中高生

日米友好を表すキャラクターを発表する生徒
日米友好を表すキャラクターを発表する生徒
外務省と米国防総省教育部(DoDEA)による日米交流事業が5、6日、米軍三沢基地内で行われた。三沢市内の中高生と基地内のエドグレン中学・高校の生徒計約50人が参加し、互いの言語や文化の壁を越えて課題に取り組み、親睦を深めた。 両国の子どもた.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録