【貨物船座礁】機関室の撤去11日実施

昨夏、八戸港沖で発生した貨物船座礁事故で、現場海域に残る船尾部のうち、機関室部分の撤去作業が11日に行われる見通しとなった。船主側の代理人によると、海況の予報から判断したという。 機関室部分の重量は約1700トンで、油が残っているとみられる.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録