不漁にコスト高、秋サケ漁危機 続く漁獲減、原因分からず/青森県南地方

八戸沿岸の定置網漁で漁獲した秋サケ。漁獲量は前季を上回るものの、伸び悩んでいる=11月上旬、八戸市第2魚市場
青森県南地方で、秋サケ漁が不振に見舞われている。特に河川は深刻で、奥入瀬川の漁獲量は過去最低だった昨年度と同水準で推移。不漁が続けば、卵をふ化させて稚魚を放流する事業に影響が及び、来年度以降の漁獲量減少という負の連鎖が生じる可能性もある。一.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録