ペット死体、ごみと一緒に火葬/愛知

愛知県北部の3市2町で火葬業務を担う愛北広域事務組合は9日、同県犬山市の火葬場の動物専用炉で、ペットの死体をペットボトルなどのごみと一緒に焼却していたと明らかにした。少なくとも10年前から複数の職員が続けていたといい、組合は「配慮に欠けた」.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録