地震や津波想定、有事に備え 原燃が原子力防災訓練

訓練で、廃棄体にブルーシートをかぶせる社員=8日、六ケ所村
訓練で、廃棄体にブルーシートをかぶせる社員=8日、六ケ所村
日本原燃(増田尚宏社長)は8日、六ケ所村のウラン濃縮工場と低レベル放射性廃棄物埋設センターで原子力防災訓練を実施した。地震で設備や機器などに不具合が発生したことを想定し、社員約315人が有事に備えた。 訓練は、原子力災害対策特別措置法に基づ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録