【体操世界選手権】強心臓で番狂わせの「金」 渡部、補欠から秘密兵器に

 女子平均台決勝 金メダルを獲得した渡部葉月の演技=リバプール(共同)
 女子平均台決勝 金メダルを獲得した渡部葉月の演技=リバプール(共同)
番狂わせを起こした。大会2週間前に補欠から繰り上がり「メダルさえ取れると思っていなかった」という渡部が、幅10センチの平均台で強心臓ぶりを発揮。2位のブラック(カナダ)にわずか0・034点差で日本女子に最年少「金」をもたらし「実感が湧かない.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録