陸自八戸含む16駐屯地、システム関連費2055万円不当/会計検査院決算検査報告

会計検査院の決算検査報告では、陸上自衛隊八戸駐屯地を含む16駐屯地の部隊で、状況報告などを行うシステムを新しくするために必要な端末が十分に使われていなかったとして、関連費用の計2055万円が不当と指摘された。 防衛省によると、再発防止策とし.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録