Free夢や希望に挑戦、胸に刻み 倉石小創立10周年で記念式典

元気良く校歌を歌う児童ら
元気良く校歌を歌う児童ら

五戸町立倉石小(大岡忠信校長)の創立10周年記念式典が5日、同校体育館で開かれた。児童や学校関係者らは節目を祝うと共に、教育目標である「夢や希望に向かってチャレンジ!」の精神を胸に刻み、同校のさらなる発展へ決意を新たにした。

 同校は同町倉石地区の石沢小、中市小、又重小の3校が統合し、2013年4月に開校。これまで173人の卒業生を輩出し、現在は81人が在籍している。

 式典では大岡校長が「今を大事に、全力を尽くして学び、自分自身を鍛え上げてほしい」と児童らの成長に期待を込めた。

 児童を代表して6年の髙村颯哉(そうや)君が、コロナ禍での学校生活を振り返り「当たり前のことが制限される中、楽しく学校生活を送れるのは、先生や保護者、地域の皆さんのおかげ」と感謝の言葉を述べた。

 式典後には感謝状贈呈式が行われ、歴代の校長、PTA会長、永年勤続職員計12人が、創立10周年記念事業協賛会の中村啓昭会長から表彰された。

お気に入り登録