野辺地町文化財を守る会、解散へ 会員減少などで継続困難に

野村秀雄町長(左から2人目)に目録を渡す柴崎民生会長(同3人目)ら
野村秀雄町長(左から2人目)に目録を渡す柴崎民生会長(同3人目)ら
野辺地町内の歴史的な文化財を保護しようと、2006年に住民有志で発足した「町文化財を守る会」(柴崎民生会長)が今月中旬に予定される総会で解散する見通しとなった。高齢化などで会員数が減少し、コロナ禍で活動の継続が困難な状態になった。柴崎会長は.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録