考古学ファンら興味津々 中平遺跡(野田村)で現地説明会

平安時代の竪穴住居跡について担当者の説明を聴く来場者
平安時代の竪穴住居跡について担当者の説明を聴く来場者
岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター(齊藤邦雄所長)は3日、野田村の中平(なかたい)遺跡で現地説明会を開いた。同遺跡では本年度の発掘調査で、平安時代の竪穴住居跡などが多数見つかっている。村民や考古学ファンらが貴重な遺構や出土品を見学し、担.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録