北海道で鳥インフル陽性 今季2例目、殺処分検討

北海道は7日、伊達市の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが疑われる事案が発生し、遺伝子検査の結果、陽性だったと明らかにした。道内では今季2例目。飼育されている肉用鶏約15万羽の殺処分に向け、農林水産省と協議している。 道によると、伊達市の養鶏.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録