額装のススメ(上)作品を額装しよう

八戸市の書家澤田白雲さんの額装作品(左)は、書に洋風額と銀色のマットという組み合わせが目新しい。記者の額装には、面金加工を施した
八戸市の書家澤田白雲さんの額装作品(左)は、書に洋風額と銀色のマットという組み合わせが目新しい。記者の額装には、面金加工を施した
作品を額に納める「額装」。画家や写真家が展示する作品だけではなく、家族の記念写真や新聞記事から、服、靴などの立体物まで、さまざまなアイテムを飾り立てることができる。八戸市城下の画材・額縁を扱う彩画堂の協力で、実際に記者が体験しながら、お気に.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録