18歳渡部が最年少「金」 日本女子4人目、平均台で/体操

【リバプール(英国)共同】体操の第51回世界選手権最終日は6日、英国のリバプールで種目別決勝が行われ、平均台で18歳2カ月の渡部葉月(中京ク)が13・600点で頂点に立ち、日本女子4人目の金メダルに最年少で輝いた。名古屋市出身の渡部は補欠か.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録