教団調査、客観証拠を追求 組織的不正の裏付け焦点/旧統一教会

 宗教法人法に基づく調査の基準を検討する文化庁専門家会議=10月、東京・霞が関
 宗教法人法に基づく調査の基準を検討する文化庁専門家会議=10月、東京・霞が関
多額献金などの問題が指摘される世界平和統一家庭連合(旧統一教会)は少なくとも二つの民事判決で組織的な不法行為が認定された。被害者側弁護士は、こうした判決を根拠に解散命令を請求すべきだと主張する。ただ、請求の判断を迫られる政府は「組織の違法行.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録