Free多彩な演出、ファン楽しむ 新郷村で野外音楽フェス「村魂祭」

幻想的な雰囲気の中で演奏する出演者
幻想的な雰囲気の中で演奏する出演者

新郷村の野外音楽フェスティバル「村魂祭(そんこんさい)」が10月29日、同村の間木ノ平グリーンパークで開かれた。3年ぶりの開催となった今回は、村ゆかりのアーティスト9組が参加。力のこもった演奏を披露し、村内外から集まった音楽ファンらを楽しませた。

 音楽を通じて、自然豊かな村の魅力を発信することを目的に2017年にスタート。今回が4回目の開催となった。

 ステージ上では、ロックバンドの演奏や舞踏家のパフォーマンスなど、多彩な演出で会場内は一気にヒートアップ。「田守和人&福山佐登志」で出演し、懐かしのフォークソングから最近の曲まで幅広く披露した、同村の福山佐登志さんは「雨も降って肌寒い中でのライブだったが、お客さんも盛り上がってくれて楽しかった」と充実した表情で語った。

 日が落ちると、たき火がともされて幻想的な雰囲気を演出。そばやコーヒーなどの出店のほか、けん玉や北欧フィンランド発祥のスポーツ「モルック」の体験ブースも設けられ、来場者は思い思いに楽しんでいた。

お気に入り登録