重罪受刑者らの動員合法化 兵員不足のロシア、窮余の策

 4日、ウクライナ東部ドネツク州マリウポリで、戦闘で破壊された建物の前を歩く人たち(AP=共同)
 4日、ウクライナ東部ドネツク州マリウポリで、戦闘で破壊された建物の前を歩く人たち(AP=共同)
ウクライナへの侵攻を続けるロシアで、殺人、強盗など重罪を犯した人の軍への動員を合法化する法改正が6日までにプーチン大統領の署名を経て発効した。軍事作戦が8カ月以上続き、戦況悪化に直面するロシア軍の兵員不足を補う窮余の策といえそうだ。  9月.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録