投稿監視体制、弱体化へ 誤情報拡散に懸念、広告主も離反/ツイッター大量解雇

 マスク流ツイッター改革(写真はロイター)
 マスク流ツイッター改革(写真はロイター)
米ツイッターを買収したイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が大量解雇に踏み切った。世界に約7500人いる従業員は半減する見通しで、交流サイト(SNS)の投稿監視体制は弱体化するとみられる。8日の米中間選挙を控え、誤情報の拡散が懸念される.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録